名駅ラテンバル サンルイス

TEL:050-5788-6232

WHAT'S CHURRASCO シュラスコとは

シュラスコという料理をご存知ですか?
サンルイスでは、本場ブラジルのシュラスコをバル形式でお楽しみ頂けます。

Have a pleasant taste!!

サンルイスでしか体感できない本場のシュラスコ


シュラスコイメージ

本場のシュラスコとは、鉄串にお肉を刺して岩塩をかけて炭火でじっくり焼いたお肉料理。
南米全般で食べられる料理ですが、ブラジルでは、どのお家にもシュラスコの焼き場があって、日曜日にお父さんが家族に振る舞う、いわゆる「男の家庭料理」として欠かせないものです。
お肉は、もともと精肉店をやっていたので、独自のルートで仕入れ美味しいお肉を使っています。
サンルイスのシュラスコはジューシーで柔らかいのに脂身が少ないのでワインにもぴったり合いますし女性にも安心して楽しんでいただけます。
また、シュラスコと一緒に、「ヴィナグレッチ」というタマネギとトマトとキュウリ、オリーブオイル、ビネガーを使った野菜のソースをお出ししているのでお野菜も取りながらお肉もあっさり、さっぱりといただけます。

シュラスコイメージ

サンルイスでは大きなブロックを岩塩で焼いてお客さまの前で切り分けるタイプと、おひとりでお越しのお客様にも楽しんでもらえるように串になっているものがあります。
実はブラジルでは「シュラスコ」とは、お肉のクオリティーや味より、みんなが集って楽しむ、肉をかこって焼きながら交流を深めたり、会話を楽しんだりする、と言うのを前提に行われます。
サンルイスでは、初めてシュラスコを体験する方には、お肉の豪快さと楽しさを体験して頂き、みんなで切り分けシェアする楽しさを味わって頂きたいです。
またブラジルや南米に行った事や住んでた方は、懐かしさを思い出して頂いて一緒にお越しになった方々にエピソードなどを話してみてはいかがでしょうか。

シュラスコイメージ

シュラスコイメージ

シュラスコイメージ

シュラスコイメージ

おもにステーキ等に使用されるサーロインを使用しており、和牛のイチボや希少部位のハカマ、バラ肉などを使用しています。オリジナルのペーストをつけ、焼き加減を見ながらじっくりと焼き上げていきます。
ブラジルから取り寄せた大きな鉄串に刺し、豪快に焼きます!
焼き加減を見ながらじっくりと焼き上げていきます。

バル形式はサンルイスが愛知県初


愛知県に「シュハスカリーヤ」と呼ばれる、いわゆるシュラスコの食べ放題のお店がいくつかありますが、当店は食べたい量だけ提供し、串になった小振りなものから、当店オリジナルの辛めのソースをつけて焼いた串など色々気軽に楽しんで頂けます。
また他にもバルメニューで市場から仕入れる新鮮な魚のカルパッチョや、シェフが焼き上げるピザ、エビのアヒージョなど多数ございます。
また、ブラジルのバイーヤ地方の郷土料理、ムケッカや煮込んだ豆のフェジョンなど定番の物を全て手作りオリジナルでご用意しております。
お肉がたくさん食べられない方でも安心して気軽に起こし頂けます。

外観イメージ

料理イメージ

料理イメージ

料理イメージ